現在位置: ホーム / プレスリリース / 2014 / [お知らせ]ミラクル・リナックスが、『OpenStack最新情報セミナー』および 『オープンソースカンファレンス2014.Enterprise』の両イベントで講演

[お知らせ]ミラクル・リナックスが、『OpenStack最新情報セミナー』および 『オープンソースカンファレンス2014.Enterprise』の両イベントで講演

<お知らせ>
報道関係者各位


2014年11月26日
ミラクル・リナックス株式会社

ミラクル・リナックスが、『OpenStack最新情報セミナー』および
『オープンソースカンファレンス2014.Enterprise』の両イベントで講演

~ OpenStackを活用した運用管理の最新情報の提供と、Hatoholと連携による課題解決を提案 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇 以下、ミラクル・リナックス)は、2014年12月に開催される『OpenStack最新情報セミナー』および『オープンソースカンファレンス2014.Enterprise』の両イベントで講演します。

『OpenStack最新情報セミナー』では、11月にパリで開催された『OpenStack Paris Summit 2014』での最新情報を運用管理の側面からご報告するほか、ミラクル・リナックスが「QoS solution on OpenStack with Hatohol」と題してTechTalkで発表した、次世代のOpenStack監視の手法(OpenStackとHatoholの連携)をご紹介します。

また、『オープンソースカンファレンス2014.Enterprise』では、運用管理で課題をお持ちの方(クラウド、OpenStack、大規模システム等)を対象に、OpenStack、Zabbix、Nagiosをまとめて使える運用管理統合ソフトウェア「Hatohol」での課題解決や最新版での新機能、利用シーンをご紹介します。また、複数のZabbixサーバからデータを取得し、監視サーバをまたいだ環境を一括監視するデモを展示予定です。

今後ミラクル・リナックスはHatoholのOpenStack連携を進めるとともに、OpenStack関連のイベントなどで最新の技術情報を提供していきます。


■『OpenStack最新情報セミナー』開催概要
『OpenStack最新情報セミナー』は、昼の部と夜の部の2部構成となります。昼の部『OpenStack管理者入門 運用管理編』、夜の部は『OpenStackの導入事例/検証事例のご紹介』です。ミラクル・リナックスからは、16:00-16:50、「OpenStack運用管理最前線」と題して講演します。

  • 日時:2014年12月3日(水)
    昼の部 15時00分〜18時00分(受付14時30分より)
    夜の部 19時00分〜20時30分(受付18時30分より)
  • 会場:ダイヤモンド社 石山記念ホール
    東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル9階
    http://www.dia-ishiyama-hall.jp/hall/access.htm
  • 主催:日本仮想化技術株式会社
  • 費用:無料
  • 定員:100名(昼の部 70名、夜の部 70名)
  • 対象:OpenStackに興味・関心のある方
  • 詳細:http://virtualtech.jp/20141203-seminar/


■『オープンソースカンファレンス2014.Enterprise』概要
オープンソースカンファレンスは、企業システムにおける急速なOSS利用の拡がりを受けて、データベースをテーマにした「OSC.DB」、クラウドをテーマにした「OSC.Cloud」を開催してきました。これら2つを統合した「OSC.Enterprise」は、企業システム全体でのOSS活用をテーマにした最新情報をご紹介します。

ミラクル・リナックスからは、16:15-17:00、「Zabbixも、Nagiosも、OpenStackも!まとめて使える運用管理統合ソフトHatoholでできること全部、見せます!」と題して講演します。

  • 日程:2014年12月12日(金) 10:00~18:00(展示ブースは11:00~16:30)
  • 会場:TKP渋谷カンファレンスセンター
    東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷東宝ビル【4F:OSC受付でプログラム配布】
    http://www.shibuya-kaigishitsu.net/access.shtml
    (JR渋谷駅 東口 徒歩3分。ヒカリエ2F通路を通り抜けて直進右手です)
  • 主催:オープンソースカンファレンス実行委員会
  • 費用:無料
  • 企画運営:株式会社びぎねっと
  • 詳細:http://www.ospn.jp/osc2014.enterprise/


■運用統合ソフトウェア「Hatohol(はとほる)」について
「Hatohol」は、複数のZabbixサーバ、およびNagiosサーバからデータを取得し、ZabbixサーバやNagiosサーバをまたいだ環境の一括監視を可能にする、表示専用のソフトウェアです。「Hatohol」によって将来的に見込まれる監視規模・拠点の拡大やハイブリッドクラウド環境の監視などの要望に応え、エンタープライズ環境での利用に十分対応できる監視システムを提供します。
http://www.miraclelinux.com/product-service/hatohol


■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

事業戦略本部 マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6435-4564 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。