現在位置: ホーム / プレスリリース / 2014 / ミラクル・リナックスが、「Linux アドバイザリ サポート」の対象としてRHEL7とCentOS 7、Scientific Linux 7を追加

ミラクル・リナックスが、「Linux アドバイザリ サポート」の対象としてRHEL7とCentOS 7、Scientific Linux 7を追加

報道関係者各位


2014年10月8日
ミラクル・リナックス株式会社

ミラクル・リナックスが、「Linux アドバイザリ サポート」の対象として
RHEL7とCentOS 7、Scientific Linux 7を追加

~サポート対象の拡張により、お客様のコスト削減とLinux OSの安定した長期運用を支援~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇 以下、ミラクル・リナックス)は、2014年10月8日より、「Linux アドバイザリ サポート」の対象として、Red Hat Enterprise Linux 7(RHEL7)およびCentOS 7、Scientific Linux 7を追加いたします。

「Linux アドバイザリ サポート」は、Red Hat Enterprise Linux(以下RHEL)、CentOS、Scientific Linux*、のサポートを行う、ミラクル・リナックスの独自サービスとして、2012年1月より提供しています。インシデント発生時にいつでもサポート契約できる利便性があり、RHELとCentOS、Scientific Linuxを併用しているお客様にも有利なメニューとして高い評価をいただいています。今回、RHELとCentOS、Scientific Linuxの最新バージョンに対応することで、さらに広い範囲のお客様を対象に、企業のLinux活用を支援します。

Linuxサーバ市場では、コスト削減のためRHELのクローンOSであるCentOS、Scientific Linuxを、RHELと同じ環境下で運用するケースが目立っています。一方で、こうしたクローンOSは開発元による公式なサポートが提供されていないため、トラブル発生時の対応が課題となっていました。Linux OSの開発・提供で豊富な実績を誇るミラクル・リナックスが提供する「Linux アドバイザリ サポート」を導入することにより、お客様は安心してコストメリットの高いCentOS、Scientific Linuxを利用できます。


【Linux アドバイザリ サポート概要】
「Linux アドバイザリ サポート」はLinuxトラブルに不安を持つシステムインテグレーターにメリットがあるサービスです。「Linux アドバイザリ サポート」はサポート対象をエンドユーザ1社に限定しないため、システムインテグレーターは自社の複数の顧客に対する保険としてサービスを利用できます。
「Linux アドバイザリ 年間サポート」、「Linux アドバイザリ インシデントサポート」、「プラチナインシデントサポート」、「プラチナサポート」の4種類のメニューで、課金単位は時間制、もしくはインシデント数になります。

1)Linux アドバイザリ 年間サポート

種別: 年間サポート
価格: 1,000,000円(税抜)
サービス概要: ログ解析による障害対応調査
問合せ方法: メール
問合せ対応時間: 40時間/年間、追加:35,000円/時間
対象OS:
  • CentOS 5.x, 6.x, 7.x
  • Red Hat Enterprise Linux 5.x, 6.x, 7.x
  • Scientific Linux 5.x, 6.x, 7.x


2)Linux アドバイザリ インシデントサポート

種別: インシデント
価格: 240,000円(税抜)  3インシデント
700,000円 (税抜) 10インシデント
サービス概要: ログ解析による障害対応調査
問合せ方法: メール
問合せ対応時間: 10時間/インシデント
対象OS:
  • CentOS 5.x, 6.x, 7.x
  • Red Hat Enterprise Linux 5.x, 6.x, 7.x
  • Scientific Linux 5.x, 6.x, 7.x


3)プラチナインシデントサポート

種別: インシデント
価格: 600,000円(税抜)1インシデント
サービス概要: ソースコード調査、kernelダンプ、coreダンプの調査、修正パッチの提供(応相談)
問合せ方法: 電話、メール
問合せ対応時間: 15時間/インシデント
対象OS:
  • Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5
  • Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6
  • CentOS 5.x, 6.x, 7.x
  • Red Hat Enterprise Linux 5.x, 6.x, 7.x
  • Scientific Linux 5.x, 6.x, 7.x


4)プラチナサポート

種別: 年間サポート
価格: 応相談
サービス概要: ソースコード調査、kernelダンプ、coreダンプの調査、修正パッチの提供(応相談)
問合せ方法: 応相談
問合せ対応時間: 15時間/インシデント
対象OS:
  • Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5
  • Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6
  • CentOS 5.x, 6.x, 7.x
  • Red Hat Enterprise Linux 5.x, 6.x, 7.x
  • Scientific Linux 5.x, 6.x, 7.x


※「Linux アドバイザリ サポート」に関する詳細は以下サイトをご覧ください。
http://www.miraclelinux.com/product-service/linux-advisory-support

*Scientific Linuxについて
フェルミ国立加速器研究所(Fermi National Accelerator Laboratory)、欧州原子核研究機構(CERN)などの研究所を中心に開発されている、RHELをベースにしたディストリビューションです。現在、CentOSと並んで、日本でも利用されはじめているLinuxです。



■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

事業戦略本部 マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6435-4564 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。