現在位置: ホーム / プレスリリース / 2014 / ミラクル・リナックスが、OSS運用統合ソフト「Hatohol」のクラウド基盤向け機能拡張構想を策定

ミラクル・リナックスが、OSS運用統合ソフト「Hatohol」のクラウド基盤向け機能拡張構想を策定

報道関係者各位


2014年7月4日
ミラクル・リナックス株式会社

ミラクル・リナックスが、OSS運用統合ソフト「Hatohol」の
クラウド基盤向け機能拡張構想を策定

〜OpenStackでのクラウド環境と物理環境を包括的に運用管理できるOSSソリューションで
運用工数削減を実現し、低価格で高品質なクラウド環境の利用を促進〜

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇 以下、ミラクル・リナックス)は、OpenStackによるOSSクラウド環境の利用促進の実現に向け、2013年6月にOSSとして公開した「Hatohol *(はとほる)」の機能を拡張し、OpenStackと連携した「運用統合ソリューション」の開発構想を策定しました。OSSでクラウド環境にも対応した運用統合ソリューションを開発・普及させることにより、クラウド環境での運用管理の敷居を下げ、クラウド環境/オンプレミス環境の統合的な運用管理とその工数削減を実現します。

近年、企業の業務システムにおいてクラウド環境の利用増加を背景に、多くの企業からコスト削減や利便性向上とシステム管理負荷の軽減が求められています。クラウド環境の利用をさらに促進するため、ミラクル・リナックスは、コストメリットの大きいOSSを活用した「運用統合ソリューション」を開発し、オンプレミス/クラウド環境を統合的に運用管理できる仕組みを提供します。Hatoholを機能拡張すると同時に、Redmineでのインシデント管理やfluentdでのログ管理など各種OSSとの連携を進め、次世代IT基盤によるエコシステムを開発し、OSSによる運用管理の課題解決を図ります。

ミラクル・リナックスは、経済産業省が公募した「平成26年度中小企業等のクラウド利用による革新的省エネ化実証支援事業クラウド基盤ソフトウェア導入実証」の交付先としてHatoholを活用した運用統合ソリューションの開発構想が採択されたことを受け、今後はHatoholをオンプレミスのサーバ監視の集約だけでなく、OpenStackによるクラウド環境を包括的に運用管理できるツールとして進化させていく計画です。

拡張性にすぐれた構造により、サービス事業者はHatoholを活用して独自の機能やサービスを容易に展開することができるほか、低価格かつ高品質で独自性を持つ、国際競争力が高いサービスを提供することが可能になります。また、ハードウェアベンダやソフトウェアベンダは、自社製品とHatoholを組み合わせてさらに高い付加価値を提供し、先進的なサービス、ICT技術のイノベーションを加速させることができます。

【Hatoholの機能と今後の拡張予定】
現在、Hatoholは、ZabbixとNagiosが保持するイベントなどの情報の集約する機能と、それらを統合して表示する機能を有しています。今後、OpenStackのハイパーバイザーが管理している仮想マシンのリソース情報の収集機能と、システム上に散在するログの管理機能をHatoholに追加する予定です。これにより、ゲストOSやアプリケーションのリソース情報とログ、仮想マシンのリソース情報、および物理マシンのリソース情報とログを集約できるようになります。さらに、これらの情報を一元的に表示可能なグラフ機能を追加します。

昨今のインフラ基盤の運用管理は多岐にわたる技術的連携、ビジネス的連携の上で成立しており、相互接続の重要性が高くなっています。当初からオープンな開発体制と拡張性を考慮したHatoholは、様々なシステムの相互接続と、運用管理の問題の抜本的な解決を実現します。
※ Hatohol開発計画は以下をご覧ください。
http://www.miraclelinux.com/online-service/labs/pdf/hatohol-project-1407

ミラクル・リナックスは、本事業で得られる成果や収益の一部をコミュニティに還元し、開発協力会社とともに継続して開発・普及活動を行っていく予定です。さらに2014年11月にフランス(パリ)で開催されるOpenStack Summitや日本国内各地でのオープンソースカンファレンスに積極的に参加するなど様々な活動を通じて、Hatoholの認知度向上とクラウド環境の運用においてデファクトスタンダードとなることを目指します。

※平成26年度中小企業等のクラウド利用による革新的省エネ化実証支援事業クラウド基盤ソフトウェア導入実証に関する詳細は以下サイトをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/s140515001.html

* Hatoholとは:Hatoholは、オープンソース統合監視ソフトウェア「Zabbix」および「Nagios」を利用した複数の監視サーバを一括監視する、表示専用のソフトウェア。ミラクル・リナックスの研究開発成果の一つとして開発され、OSSとしてコミュニティ『Project Hatohol』で運用されています。広く開発者・ユーザを募り、オープンな体制での開発を目指しています。
※「Hatohol」の詳細
http://www.miraclelinux.com/online-service/labs/lab02
※「Hatohol」ダウンロードサイト
https://github.com/project-hatohol/hatohol

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月にLinuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

事業戦略本部 マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6435-4564 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

*MIRACLE LINUXの名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。