現在位置: ホーム / プレスリリース / 2014 / DTSとミラクル・リナックスが協業しMIRACLE ZBXを活用した「ReSMシステム監視スタートセット」を発売

DTSとミラクル・リナックスが協業しMIRACLE ZBXを活用した「ReSMシステム監視スタートセット」を発売

報道関係者各位


2014年6月17日

株式会社DTS
ミラクル・リナックス株式会社


DTSとミラクル・リナックスが協業し
MIRACLE ZBXを活用した「ReSMシステム監視スタートセット」を発売

〜 監視BOXを設置するだけで手軽にシステム監視をスタート 〜

 

株式会社DTS(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:西田 公一、以下、DTS)、ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇、以下、ミラクル・リナックス)は、システム監視ソリューションで協業し、サーバの台数が1台から30台程度の中小規模システムをお持ちのお客様向けに「ReSM(リズム)システム監視スタートセット」を開発し、6月17日より販売を開始いたします。

システム障害によるビジネス影響を最小化にするため、システム監視を検討する企業が増えています。しかし中小規模の企業においては、運用体制を準備できない事、あるいは導入ノウハウの不足が大きな課題となっています。そうした企業に向けてDTSとミラクル・リナックスは「ReSM システム監視スタートセット」を共同開発しました。
本サービスは、ミラクル・リナックスの小規模システム向け統合監視サーバ「MIRACLE ZBX1200*」と、DTSのシステム統合運用サービス「ReSM」をパッケージにして提供するものです。お客様は、ReSMの持つノウハウをいかし、監視に必要なソフトウェアをあらかじめ設定した監視BOX「MIRACLE ZBX1200」を設置するだけで、手軽にシステム監視を導入する事ができます。さらには日々の監視や障害検知、障害対応を24時間365日体制のReSM統合運用センターにお任せ頂ける安心のワンストップサービスです。

<ReSMシステム監視スタートセットのサービス概要>
監視BOX(MIRACLE ZBX1200)を設置したお客様環境とDTSのReSM統合運用センターを接続し、遠隔でのシステム運用監視と障害対応を24時間365日で代行するサービスです。

<製品紹介ページ>  http://www.resm.jp/service/monitoring_system.html

<対象となるお客様>
・24時間365日のシステム監視を手間なく低価格で導入したいお客様
・システム監視の導入、運用経験が無くお困りのお客様
・多拠点を統合的に運用監視したいお客様            等

<価  格>
初期費用:200,000円~(税別)※監視BOXおよびその設置、設定を含む
月額費用:20,000円~(税別)

<販売開始> 2014年6月17日

<販売代理店>
デジタルテクノロジー株式会社 営業部 ReSM担当 
Tel :03-5604-7967 E-mail :east-g@dtc.co.jp
※「ReSM システム監視スタートセット」は、DTSの子会社であるデジタルテクノロジー株式会社(本社:東京都荒川区東日暮里)が販売いたします。

<ReSM システム監視スタートセット イメージ図>

ReSMのサービスイメージ

ReSM(Remote System Management service)
統合運用センターより遠隔でシステムの運用・保守と正常稼動を監視するシステム運用監視サービス。システム監視環境の構築から、導入後の運用管理の代行や障害復旧まで対応し、大手企業を中心に100社以上の運用実績を誇ります。

MIRACLE ZBX1200
MIRACLE ZBX1200は、「Zabbix」互換のシステム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」や、監視に必要なデータベース(MySQL5.5)やOS(Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6)などのソフトウェアをあらかじめハードウェアにインストールしており、購入後すぐにシステム全体の監視設定を開始できるアプライアンス製品です。スモールオフィスや各拠点でのシステム監視など、ラックマウント型サーバが置けない小規模オフィス向けのシステム統合監視サーバです。

株式会社DTSについて
DTSは、総合力を備えたシステムインテグレータとして、金融業、産業・公共、通信向けサービスを柱に、コンサルティングからシステム設計・開発、基盤構築・運用までをワンストップで提供します。
本社所在地:〒105-0004 東京都港区新橋6-19-13  http://www.dts.co.jp

ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月、Linuxサーバビジネスを主軸として創業し、一貫して信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLEZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。



<製品に関するお問合せ>

デジタルテクノロジー株式会社
営業部 ReSM担当 酒井
Tel :03-5604-7967 E-mail :east-g@dtc.co.jp
お問い合わせフォーム https://www.resm.jp/contact.php


<本件に関する報道お問合せ>

株式会社DTS
経営企画部 広報担当 熊田
Tel:03-3437-5945 E-mail : press@dts.co.jp

 

ミラクル・リナックス株式会社
事業戦略本部 マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6435-4564 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

*MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
*ReSMの名称及びロゴは、株式会社DTSの登録商標です。
*Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。