現在位置: ホーム / プレスリリース / 2014 / トランザスが、セットトップボックスの管理サーバにミラクル・リナックスのシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior」を採用

トランザスが、セットトップボックスの管理サーバにミラクル・リナックスのシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior」を採用

報道関係者各位


2014年3月12日
ミラクル・リナックス株式会社


トランザスが、セットトップボックスの管理サーバに
ミラクル・リナックスのシステムバックアップ・ソフトウェア
「MIRACLE System Savior」を採用

〜 お客様のサービス停止時間を最小限にとどめ、高い信頼性とコスト削減を実現 〜

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇 以下、ミラクル・リナックス)は、株式会社トランザス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 藤吉 英彦)が販売しているセットトップボックス(STB)*の管理サーバに、企業向けシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior(ミラクル・システムセイバー)」が採用されたことを発表します。

トランザスは、STBおよびデジタルサイネージ機器の開発・製造・販売、IP放送サーバおよびコンテンツ配信システムの構築などを手掛けています。主力事業となるビデオオンデマンド(VOD)ソリューションでは、主にホテルVODサービス事業者に向けてVOD配信サーバや視聴端末STBをパッケージとして提供し、これらの出荷台数は累計で10万台を超える実績を誇ります。映像配信のソリューションを安心して利用いただくため、トランザスではこれまで配信サーバの冗長化を実施してきましたが、さらなるダウンタイム低減のために、2013年11月、システムのバックアップ/リカバリを可能とするミラクル・リナックスの「MIRACLE System Savior」を新たに標準で付属した状態で提供することで、さらに信頼性を強化しました。

配信サーバに障害が発生すると、サーバの初期化作業が必要となります。これまでは、対応できるエンジニアがいない場合は代替機を置き、サーバ本体を持ち帰って調査した上での作業となるため、サービスの継続に支障が生じる可能性がありました。

今回トランザスが配信用サーバに導入した「MIRACLE System Savior」は、シンプルな手順でバックアップ/リカバリが可能なため、万が一の障害発生時にはお客様自身でシステムを初期化し復旧を行うことができます。また、「MIRACLE System Savior」は様々なOSに対応し、バックアップ先にWindows OSの共有フォルダが利用できるため、外部ストレージを別途用意する必要がなくなり、コスト削減にも貢献します。

「MIRACLE System Savior」は、今回トランザスが配信用サーバに導入したLinux環境だけでなく、WindowsやVMware、Xen Server、KVMなど、様々な環境に対応しています。トランザスでは今後、マルチプラットフォーム対応の「MIRACLE System Savior」を積極的に活用し、ユーザ企業のBCP(事業継続計画)を推進していく予定です。


* STBは、テレビに接続し、衛星放送、地上波テレビ放送(デジタル放送)、IP放送(ひかりTVやHulu、TSUTAYA TVのようなVOD)などの放送信号を受信して、視聴することのできる映像受信端末です。

* システムバックアップとは、サーバを稼働させるオペレーティング・システムや、ファイルシステムの設定、パーティション情報など環境全体をバックアップすることです。障害発生の場合には、サーバ復旧時にバックアップイメージ全体のリストアにより障害復旧時間を短縮でき、バックアップ当時の環境と完全に同一の環境を復元することができます。また、障害時のサービス継続の確率を高め、システム復旧時の作業を削減することができます。


トランザス様事例ページ:
http://www.miraclelinux.com/case/mss/tranzas

■MIRACLE System Saviorについて

ミラクル・リナックスが提供するシステムバックアップ・ソフトウェア「MIRACLE System Savior(ミラクル・システムセイバー)」は、サーバベンダーとの連携を強みとして、企業向けシステムバックアップの要件に基づいて開発されました。最新のサーバやマルチOS、仮想化ソフトウェア、およびクラスタソフトウェアへの対応、24時間サポート、7年間長期サポートを提供しています。2010年3月の発売以来、災害対策への意識の高まりにより導入拡大が進み、累計で1,000ライセンス以上の導入を誇ります。TOPIX Core30に選ばれた企業の1/2以上で採用されているほか(2013年10月現在)、製造、流通、通信、医療など様々な業種で利用されています。
http://www.miraclelinux.com/product-service/mss


■株式会社トランザスについて

株式会社トランザスは、1995年に通信工事業者として設立して以来、ネットワークインフラのプロフェッショナルとして成長してきました。2002年に『STB』の開発・製造メーカーとして事業展開をして以降、10万台以上の販売実績があり、利用者はホテル・金融機関・官公庁・文教・医療・企業・アミューズメント施設・小売店舗等、他業種多用途にわたっています。Android OSを搭載した新たなSTBの開発を進めるなど、映像配信に関するソリューション提案を促進しています。
http://www.tranzas.co.jp/product_info/stb

 

■ミラクル・リナックス株式会社について

ミラクル・リナックスは、2000年6月、Linuxサーバビジネスを主軸として創業後、2003年12月、中国、韓国などのアジア諸国とともにAsianuxを設立し、信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。 カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6435-4564 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。