現在位置: ホーム / プレスリリース / 2013 / ミラクル・リナックス、PostgreSQL対応の最新版MIRACLE ZBX®パッケージを公開

ミラクル・リナックス、PostgreSQL対応の最新版MIRACLE ZBX®パッケージを公開

報道関係者各位

2013年12月19日
ミラクル・リナックス株式会社

 

ミラクル・リナックス、PostgreSQL対応の
最新版MIRACLE ZBX®パッケージを公開

~ SRA OSSとの連携によりOSS監視サービスの保守と構築支援を推進 ~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇 以下、ミラクル・リナックス)は、SRA OSSとの技術提携により、オープンソースのデータベース「PostgreSQL *」に対応した最新版の「MIRACLE ZBX」パッケージの無償公開、および「PostgreSQL」と「MIRACLE ZBX」を活用した統合監視システムの構築支援サービスと保守サービスを2013年12月19日より開始しました。

昨今のテレコム、製造、金融など、システム全体の安定性が期待される市場において、「PostgreSQL」と「MIRACLE ZBX」を組み合わせたシステム監視のニーズが急速に高まっています。ミラクル・リナックスは、企業ユーザに安心・安価に統合監視サービスを提供する目的で設立したパートナー制度『MIRACLE ZBX WORKS』にSRA OSSを迎え、「MIRACLE ZBX」でサポートしているデータベースに「PostgreSQL」を追加しました。これにより、両製品を活用した統合監視システムで発生した障害には、両社のコアエンジニアが協力して対応し、すぐれた技術力による手厚いサポートを提供することが可能となります。

ミラクル・リナックスでは、MIRACLE ZBXの既存のサポートサービスにおいて、MIRACLE ZBXに関連するPostgreSQLのログ解析レベルの障害対応を提供します。また、2014年6月に予定している「MIRACE ZBX Enterprise Pack V2.2」ではPostgreSQL9.3ベースの製品リリースを計画しています。

このたびのMIRACLE ZBXのPostgreSQL対応に関して、SRA OSSより以下のコメントをいただいています。

SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部
部長 稲葉 香理様

SRA OSSは、ミラクル・リナックスが展開する国内のエンタープライズ用途で豊富な導入実績を誇るOSSデータベース管理システム「PostgreSQL」と「MIRACLE ZBX」の組み合わせソリューションの「PostgreSQL」部分のバックエンドサポートを担い、「MIRACLE ZBX」による国産品質の安定したOSS監視基盤を支援します。


今回提供開始する各種サポートサービスは、ミラクル・リナックスと販売パートナーよりご購入いただけます。ミラクル・リナックスは、パートナー企業と連携し、オープンソース・ソフトウェアを活用した安心・安価な監視サービスの提供を推進します。


* PostgreSQLとは:PostgreSQLはオープンソースデータベースの代表格として知られ、日本ではWebシステムのバックエンドデータベースを中心として広く普及し、国内のエンタープライズ用途で豊富な導入実績を誇るソフトウェアです。SRA OSS, Inc. 日本支社が日本で初めて商用のPostgreSQLサポートを開始したほか、再帰SQL、マルチバイト対応の実装に対する貢献や、PowerGresで培ったWindows対応技術の提供などを行っています。

MIRACLE ZBX WORKSについて
『MIRACLE ZBX WORKS』は、システム開発会社やソフトウェアベンダー、ハードウェアベンダーなどを対象に、パートナー各社との連携・協力のもと、パートナー限定の特典を提供することで、パートナー各社における「MIRACLE ZBX」のビジネス拡大を目指すプログラムです。ミラクル・リナックスは『MIRACLE ZBX WORKS』を通じ、パートナー企業が「MIRACLE ZBX」を利用して安心かつ安価に統合監視サービスを提供するための様々な支援を行います。『MIRACLE ZBX WORKS』は、パートナー契約や売上コミットを必要としない申請ベースのビジネス・パートナー制度で、会費無料で参加いただけます。

 

MIRACLE ZBXについて
「MIRACLE ZBX」シリーズは、オープンソース版統合監視ソフトウェア「Zabbix」をベースとして、ミラクル・リナックスが独自に開発したエンタープライズ用途に特化した統合的なシステム監視ソリューションです。本ソフトウェアは、ミラクル・リナックスが独自でパッケージを作成しサポート提供しているものであり、Zabbixの開発元であるZabbix SIA社が推奨もしくはサポート提供やスポンサーしているものではありません。

 

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月、Linuxサーバビジネスを主軸として創業後、2003年12月、中国、韓国などのアジア諸国とともにAsianuxを設立し、信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。 カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6435-4564 E-mail:press@miraclelinux.com

 

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。