現在位置: ホーム / プレスリリース / 2013 / [お知らせ]ミラクル・リナックスが、NoSQLに保存されたZabbix監視データの読み込み性能を検証

[お知らせ]ミラクル・リナックスが、NoSQLに保存されたZabbix監視データの読み込み性能を検証

<お知らせ>
報道関係者各位


2013年9月26日
ミラクル・リナックス株式会社


ミラクル・リナックスが、NoSQLに保存された
Zabbix監視データの読み込み性能を検証

~OSSを利用した研究開発の成果を発表~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇、以下、ミラクル・リナックス)は、NoSQL *1データベースの活用とオープンソースの統合監視ソフトウェアZabbixへの応用に関する研究の一環として、NoSQLに保存されたZabbix監視データの読み込み性能を検証しました。

ミラクル・リナックスは、2013年2月、Zabbixの監視データ保存先をNoSQLにすることによる性能改善の研究を行い、その成果として、NoSQLを用いた監視データの書き込みスループット*2は、従来型のMySQLと比較した場合、最大で3.4倍の性能になることを発表しました。

今回、ミラクル・リナックスが行ったベンチマークでは、保存されたZabbix監視データの読み込み性能をMySQLとNoSQLで比較しました。その結果、監視対象が小規模の場合はMySQLが、大規模の場合にはNoSQLが、それぞれ良好なパフォーマンスを発揮しました。大規模システムの監視などで、大量に書き込みを行っている場合、いずれのデータベースでも読み込み性能が低下しますが、NoSQLではその程度が少ないことが明らかになりました。

ミラクル・リナックスでは、書き込み、読み込みの両検証結果から、大規模システムにおけるZabbixへのNoSQL活用の可能性がさらに拡がると判断し、今後も実用化を見据えた技術研究を継続していく予定です。

【ベンチマーク概要】
ミラクル・リナックスが行ったベンチマークでは、従来型のMySQLと、主要なNoSQLのひとつであるCassandraを使用し、それぞれ監視対象が90項目、5,610項目、27,690項目における、120秒での監視データの読み込みスループットを比較しました。ベンチマークでは、監視間隔は5秒に設定しました。監視間隔が一般的な5分の場合、これらの項目数は、それぞれ、ほぼ0、約3,600台、約18,000台の監視対象装置数に相当します。

Zabbix APIを経由した読み込みでは、監視対象が90項目の場合、MySQLの読み出しスループットが良好でした。5,610項目と27,690項目では、両者はほぼ同等でした。
各データベースから直接監視データを取得した場合、監視項目数が90項目ではMySQLが、5,610項目と27,690項目では、NoSQLのスループットが高くなりました。監視項目数が27,690の場合、NoSQLを用いた場合の読み込みスループットは、MySQLを用いた場合に比べて約2.2倍でした。また、監視項目数を90から27,690に増加させた場合、読み出しスループットの低下は、MySQLを用いた場合、約80%であるのに対し、NoSQLを用いた場合、約30%にとどまることが検証されました。

本検証結果のホワイトペーパー(英語版)はミラクル・リナックスのホームページで本日より公開されています。
http://www.miraclelinux.com/online-service/labs

*1 NoSQLとは:SQLを用いず、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)に基づかずに構築されたデータベースシステムの総称。大規模データの格納や、多量のトランザクションが発生するような用途に組み込む例が増えている。

*2 スループットとは:一定時間内に処理できるデータ量。


ミラクル・リナックス株式会社について

ミラクル・リナックスは、2000年6月、Linuxサーバビジネスを主軸として創業後、2003年12月、中国、韓国などのアジア諸国とともにAsianuxを設立し、信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールMIRACLE ZBXのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。 カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

マーケティングコミュニケーション部 椎名
Tel:03-6435-4563 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

 

*MIRACLE LINUX の名称およびロゴ、MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。