現在位置: ホーム / プレスリリース / 2013 / ミラクル・リナックスが、『MIRACLE ZBX 監視データ出力オプション』を発売

ミラクル・リナックスが、『MIRACLE ZBX 監視データ出力オプション』を発売

報道関係者各位


2013年1月17日

ミラクル・リナックス株式会社



ミラクル・リナックスが、『MIRACLE ZBX 監視データ出力オプション』を発売

~監視データのCSV出力を容易に実現し、データ分析や大規模監視時のHDD容量節約、
監視データの長期保存など、様々なニーズに対応~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇、以下、ミラクル・リナックス)は、『MIRACLE ZBX 監視データ出力オプション』を本日より発売します。

『MIRACLE ZBX 監視データ出力オプション』は、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」を利用した監視データのCSV出力を可能にします。本オプションによって、Linux上のMySQLデータベース内に保存された監視データからトリガー、イベント、トレンド、ヒストリをそれぞれCSV形式で容易にファイルに出力できるようになります。通常、Zabbixの監視データはWeb画面表示でのみ参照できますが、CSVに出力することでデータを長期保存できるだけでなく、様々なソフトウェアを使って保存データを活用することが可能となります。

また、現在提供中の『MIRACLE ZBX設定バックアップオプション *』と組み合わせて利用することにより、Zabbixのデータ全体をバックアップすることも可能です。

ミラクル・リナックスは、Zabbixおよびデータベースに関する豊富な経験とノウハウをもとに開発された『MIRACLE ZBX 監視データ出力オプション』により、監視データの集計・解析、大規模システム監視時のHDD容量節約、さらには日本版SOX法対応をはじめとする監視データの長期保存など、エンタープライズでのお客様の様々なニーズに対応します。

『MIRACLE ZBX 監視データ出力オプション』の主な機能は以下の通りです。

  • Zabbix 1.8、2.0のデータベースから、トリガー、イベント、トレンド、ヒストリをそれぞれCSV形式で出力可能
  • 設定バックアップオプションとの組み合わせでZabbixのデータ全体がバックアップ可能
  • 監視データを短い期間でデータベースから削除できるため、大規模監視時のHDD容量節約が可能
  • 監視データの長期保存が可能

 


製品紹介ページ
http://www.miraclelinux.com/jp/product-service/zabbix/option

  • MIRACLE ZBX 監視データ出力オプションラインアップ
1年サポートパック 37万8,000円(税込)
3年サポートパック 47万5,650円(税込)
5年サポートパック 55万1,250円(税込)
次年度サポート 6万3,000円(税込)

本サービスは、ミラクル・リナックスが独自に提供するサポートとなります。

  • 発売日

2013年1月17日(木)

* MIRACLE ZBX設定バックアップオプションについて
Zabbixで利用しているMySQLデータベースから監視設定のみを抜き出してバックアップします。監視データとは別に取得するため、サーバのバックアップの際には、監視データのみをバックアップ、リストアをすることができ、作業を圧倒的に省力化できます。

 

■Zabbixについて

Zabbixとは、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するための統合監視ソフトウェアです。Zabbixを利用することにより、システム全体の監視、障害検知、通知や、グラフ、マップ作成によるリソース使用状況の可視化を行うことができます。また、多数のプラットフォームが混在した複雑な システム全体を統合的に監視することができます。
http://www.zabbix.jp

 

ミラクル・リナックス株式会社について

ミラクル・リナックスは、2000年6月、Linuxサーバビジネスを主軸として創業後、2003年12月、中国、韓国などのアジア諸国とともにAsianuxを設立し、信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールZabbixのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。 カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

ビジネス推進本部 椎名
Tel:03-6435-4563 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/

 

 

*MIRACLE LINUX の名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
*MIRACLE ZBXは、ミラクル・リナックス株式会社の商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。