現在位置: ホーム / プレスリリース / 2012 / ミラクル・リナックス、企業向けシステムバックアップ製品 「MIRACLE System Savior」の最新バージョンを発売

ミラクル・リナックス、企業向けシステムバックアップ製品 「MIRACLE System Savior」の最新バージョンを発売

報道関係者各位


2012年5月15日

ミラクル・リナックス株式会社


ミラクル・リナックス、企業向けシステムバックアップ製品
「MIRACLE System Savior」の最新バージョンを発売

~対応サーバを拡大し、認定販売パートナー・プログラムにより販売体制を強化
Clonezillaコミュニティを支援し、品質向上に貢献~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇、以下、ミラクル・リナックス)は、2012年5月28日(月)に企業向けシステムバックアップ*製品「MIRACLE System Savior(以下、MSS)」の最新バージョンV2を発売することを発表いたします。

ミラクル・リナックスは、企業IT環境を確実にバックアップするということをコンセプトに、仮想化環境、SANboot/FCマルチパス、クラスタソフトウェアによる構成や世界初となる仮想I/O対応など、他社製品では対応していない先進的で複雑なITシステムも確実にバックアップ・リストアできる製品、MSSを開発し販売してまいりました。

今回の新バージョンリリースでは、対応サーバベンダーの拡大に加えて、各社の最新のインテル® Xeon® プロセッサー E5ファミリー搭載のサーバや普及の進む大規模ストレージ(大量LUN)環境に対応をしました。また、iSCSI接続のストレージにも対応いたします。

さらに、ミラクル・リナックスは、MSS販売拡大を積極的に推進するため、認定販売パートナー・プログラムを開始します。パートナー企業との連携を密にすることで、大企業だけでなく、中堅・中小規模企業のお客様への販売・出荷体制を強固にし、販売促進を図ります。

また、MSSのベースとなる「Clonezilla」の開発元である台湾国立HPCセンターのオープンソースソフトウェア研究室(Free Software Lab, National Center for High-Performance Computing、以下、NCHC)と、Clonezillaの品質向上およびコミュニティ支援に対する提携を発表いたします。

<本日発表の新製品>

製品名希望小売価格出荷開始
MIRACLE System Savior V2 81,900円~(税込み) 5月28日

 

MIRACLE System Saviorは、先進的で複雑なITシステムも確実にバックアップ・リストアできる製品です。新バージョンの主な特長と対応環境は、以下の通りです。

  • 対応サーバベンダーの拡大

製品発売当初より対応しているHP ProLiantに加え、IBM System x、富士通PRIMERGYをサポートプラットフォームに加えました。また、各サーバベンダーが発表した最新のインテル® Xeon® プロセッサー E5ファミリー搭載のサーバにも対応しました。

(新規対応機種:製品名50音順)

  • IBM System x M4シリーズ /BladeCenter HS23(2012年4月13日発表)
  • HP ProLiant Gen8シリーズ(2012年3月29日発表)
  • 富士通 PRIMERGY S7シリーズ(2012年3月7日発表)

 

  • 対応ストレージ環境の拡大

大規模ストレージ(大量LUN)環境に対応しました。また、採用の進むiSCSI接続ストレージに対応予定(2012年9月)です。

  • 主な対応環境

(対応OS:製品名50音順)

  • Asianux Server 3, 4(MIRACLE LINUX V3, V4, V5, V6)
  • VMware ESX 3.5, 4.x, VMware ESXi 4.x, 5
  • Microsoft Windows Server 2000, 2003, 2003 R2 , 2008, 2008 R2
  • Red Hat Enterprise Linux 3, 4, 5, 6

 

(対応クラスタソフト:製品名50音順)

  • everRun MX / everRun 2G
  • CLUSTERPRO X 2.x, 3.x for Windows / CLUSTERPRO X 2.x, 3.x for Linux
  • LifeKeeper for Linux V7 / LifeKeeper for Windows V7

 

MIRACLE System Savior V2」発表に伴う販促施策

ミラクル・リナックスは、MSS V2の販売体制強化を図り、以下の施策を実施します。

MSS認定販売パートナー・プログラムの開始

MSS認定販売パートナー制度に基づき、販売パートナーを拡充いたします。これにより、大企業から中小企業までさまざまなお客様をカバーする上で重要となるパートナー企業との連携を密にし、新製品をすみやかに出荷・サポートできる体制を構築します。

 

Clonezilla」開発元との提携とコミュニティ支援

オープンソースソフトウェア「Clonezilla」の開発元であるNCHCとの提携を発表します。この提携により、バックアップエンジンの品質向上およびコミュニティ活動の支援に努めてまいります。

提携内容:

  • ミラクル・リナックスよりClonezilla Projectへパッチ提供等による貢献
  • 日本のClonezillaコミュニティ「Clonezilla.jp」をミラクル・リナックスが支援
  • NCHCがClonezilla.jpの活動に対し助言および情報を提供

 

MSSは企業向けに特化したシステムバックアップ製品として、ユーザの要求に応えられる先進的なシステム環境への対応拡充、および販売体制強化を推進してまいります。

本製品は、ミラクル・リナックスの認定販売パートナーよりご購入いただけます。ご購入方法、価格についての詳細は、認定販売パートナー、またはinfo@miraclelinux.comまでお問い合わせ下さい。

 

この度の製品発表に伴い、日本アイ・ビー・エム株式会社様、日本ヒューレット・パッカード株式会社様、ユニアデックス株式会社様、および横河レンタ・リース株式会社様より賛同文をいただいております。

【賛同文】

(社名50音順)

日本アイ・ビー・エム株式会社
理事 システム製品事業 システムx事業部長 小林 泰子様

日本IBMは、ミラクル・リナックス社の「MIRACLE System Savior V2」の発表を歓迎します。
多様なオペレーティング・システムや仮想化技術に対応した「MIRACLE System Savior V2」と弊社 IBM System x/IBM BladeCenterにより、複雑化するお客様のITインフラの可用性向上を支援します。今後、System x/BladeCenter製品の推奨構成である「IBM 太鼓判構成」と「MIRACLE System Savior V2」の連携を強め、お客様が安心して利用できる環境を提供していきます。

 

日本ヒューレット・パッカード株式会社
テクノロジーコンサルティング統括本部 執行役員 統括本部長 有安 健二様

日本ヒューレット・パッカードは、ミラクル・リナックス社の「MIRACLE System Savior」最新バージョンの発表を歓迎します。弊社とミラクル・リナックス社は、MSSの開発・販売で初期の頃より協力関係にあります。今回いち早くHP ProLiantの最新版Gen8に対応していただいたことにより、Gen8が有する自動ログ採取や通報等の「自働サーバ」としての新機能と、MSSのシステムバックアップ機能が互いに補完し合い、お客様のサーバ運用管理の利便性が格段によくなると確信しています。

 

ユニアデックス株式会社 
執行役員マーケティング本部長 小川 康博様

ユニアデックスはミラクル・リナックス社の「MIRACLE System Savior V2」の発売を歓迎いたします。
当社は、お客様のニーズに合った最適なICTインフラを、様々なベンダー製品を組み合わせることで実現し、さらにそれらを当社が窓口となり、ワンストップで保守することで統合的なサービスを提供しております。
「MIRACLE System Savior V2」は仮想環境やマルチプラットフォームに対応したシステム保護と迅速なリカバリを実現するツールであり、「MIRACLE System Savior V2」に対応した各ハードウエア、ソフトウエア製品と当社のマルチベンダー・インテグレーション、ワンストップ・サポート・サービスとを連携することで、より多くのお客様に安心してご利用いただけるシステム構築と保守を実現してまいります。

 

横河レンタ・リース株式会社
取締役 専務執行役員 システム事業本部長 屋代 喜久様

横河レンタ・リースは、ミラクル・リナックス社の「MIRACLE System Savior V2」の発表を歓迎します。
弊社は、5月より「MIRACLE System Savior」の製品販売から一次サポートまでを請け負う初のパートナーとなりました。ミラクル・リナックス社との強力なパートナーシップのもと、ミッションクリティカルなシステムの構築からサポートまでワンストップで提供し、日本企業が求めるサービス品質の向上を追究してまいります。

 

* システムバックアップとは
システムバックアップとは、サーバを稼働させるオペレーティング・システム全体をバックアップすることで、障害発生の場合には、サーバ復旧時にバックアップイメージ全体のリストアにより障害復旧時間を短縮でき、障害時のサービス継続の確率を高め、システム復旧時の作業を削減することができます。


MIRACLE System Savior (MSS) について
ミラクル・リナックスが提供するシステムバックアップソフトウェア「MIRACLE System Savior」は、サーバベンダーとの連携を強みとして、企業向けシステムバックアップの要件に基づいて開発されました。最新のサーバやマルチOS、仮想化ソフトウェア、およびクラスタソフトウェアへの対応、24時間サポート、7年間長期サポートを提供しています。2010年3月の発売以来、災害対策への意識の高まりにより導入拡大が進み、パッケージの出荷金額ベースで対前年比200%を超える成長率を誇ります。台湾で開発されるオープンソースのバックアップソフト、Clonezillaをベースとし、コミュニティとの連携も推進しています。

MIRACLE System Saviorの詳細な機能などは下記をご参照ください。
https://www.miraclelinux.com/jp/product-service/miracle-plus/mss

 

ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月、Linuxサーバビジネスを主軸として創業後、2003年12月、中国、韓国などのアジア諸国とともにAsianuxを設立し、信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。 近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールZabbixのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。 カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、カーナビゲーション、自動販売機、医療機器、映像配信機器など用途別専用機器向けのEmbedded MIRACLEを提供しています。また、デジタルサイネージ用途に特化したプレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を開発し、2010年6月より販売しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。

 

□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

戦略推進部 椎名
Tel:03-6435-4563 E-mail:press@miraclelinux.com
https://www.miraclelinux.com/

 

 

*MIRACLE LINUX の名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
*Asianuxは、ミラクル・リナックス株式会社の日本における登録商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。