現在位置: ホーム / プレスリリース / 2011 / ミラクル・リナックスのデジタルサイネージが好調 ~ユニクロの世界規模での採用などにより、売上前年比300%を達成~

ミラクル・リナックスのデジタルサイネージが好調 ~ユニクロの世界規模での採用などにより、売上前年比300%を達成~

報道関係各位

2011年10月26日
ミラクル・リナックス株式会社

ミラクル・リナックスのデジタルサイネージが好調
~ユニクロの世界規模での採用などにより、売上前年比300%を達成~

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇、以下ミラクル・リナックス)が提供するデジタルサイネージ製品、MIRACLE VISUAL STAIONの売上が2011年10月時点で前年比300%を達成したことを発表いたします。

MIRACLE VISUAL STATIONは2010年よりミラクル・リナックスが提供するLinuxベースのデジタルサイネージ製品です。OSのチューニングによりハードウェアの処理能力を最大限に引き出し、従来のデジタルサイネージ向けプレイヤーでは実現できなかった高い再生品質を実現しています。独自に開発した動画再生ソフトやWebブラウザを搭載し、高画質な動画や複雑なFlashコンテンツを安定して再生することができます。障害が発生しても自動的にリカバリーする機能を搭載し、連続稼働可能な可用性を高めています。プレイヤーにコンテンツを配信する管理ソフトウェアは、直観的に操作が可能なユーザインターフェースを持ち、PC上に簡単に導入することができます。このような点が高く評価され、導入実績を伸ばしてきました。


日本を代表するカジュアルブランド「ユニクロ」においても、2011年10月14日(金)にオープンした世界最大店舗となる「ユニクロ ニューヨーク5番街店」をはじめとしたグローバル旗艦店に世界レベルで採用されました。これは、ミラクル・リナックスと日本電気株式会社(東京証券取引所第一部 証券コード 6701 本社:東京都港区芝:代表取締役執行役員社長 遠藤 信博 以下NEC)の共同開発によるLinuxベースのデジタルサイネージソリューションで、ミラクル・リナックスがセットトップボックス(以下STB*)に搭載するLinux OSとデジタルサイネージアプリケーションを、NECが配信用ソフトウェア「PanelDirector(パネルディレクター)を提供し、両社の製品の特長を融合させて納入しています。

この度の導入にあたって、ユニクロのデジタルサイネージコンテンツを制作する、最先端の作品で注目されるトップクラスのクリエーターである中村勇吾氏からの様々なリクエストに応えてきました。まず専用Webブラウザを改良し、高い処理能力を要求する複雑なFlashコンテンツの再生を可能にしました。次に複数ディスプレイに1つのコンテンツを描画するマルチディスプレイ再生機能を実装し、フルHD以上の解像度を持つコンテンツを使った美しく迫力ある演出を可能にしました。さらに、コンテンツ同期再生機能を実装し、複数のSTBを使った大胆な空間演出を可能にしました。これらの機能により、情報発信だけでなくブランドイメージ向上をも演出するサイネージシステムとして高く評価されました。


その他にもMIRACLE VISUAL STATIONは静止画のクロスフェード機能*が評価され、化粧品メーカーの電子コルトンに採用されるなど大きな実績を上げています。スタンドアロンでの利用から店舗単位、世界規模の多拠点利用に至るまで、様々なお客様の環境に対応できる製品ラインナップとなっております。Linuxカーネルを含めたOSからアプリケーションレベルまで一気通貫で開発する技術力、お客様の要求仕様に細かく対応する技術力によって、これからもミラクル・リナックスは日本のデジタルサイネージに大きな変革をもたらしていきます。

* 各パネルにコンテンツを表示する専用の機器。
* 静止画の切替え時にフェードイン・フェードアウトを同時に実行し、複数の静止画をシンクロさせてより美しく再生する機能。

 

ミラクル・リナックス デジタルサイネージページ
https://www.miraclelinux.com/jp/product-service/digital-signage

ユニクロ ニューヨーク5番街店の画像

ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、2000年6月、Linuxサーバビジネスを主軸として創業後、2003年12月、中国、韓国などのアジア諸国とともにAsianuxを設立し、信頼性、安定性、品質を重視したLinuxサーバOSを提供し続けています。

近年では、従来のサーバビジネスに留まらず、企業向け統合監視ツールZabbixのビジネスを始め、オープンソース・アプリケーションの開発、サポートにも取り組んでいます。
カーネル技術を生かして組込み事業にも本格参入し、2010年6月には、デジタルサイネージ・プレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION」を発売開始しました。カーナビ、自動販売機、医療機器、映像配信機器などお客様の用途に応じたLinuxを提供しています。
今後オープンソースの利用が様々な用途に広がっていく中で、それらを下支えするプラットフォームベンダーとして、日本市場だけでなく世界市場に対してもビジネスを拡大していきます。


□■本件に関する報道お問合せ■□

ミラクル・リナックス株式会社

戦略推進部 江辺(えべ)、椎名
Tel:03-6435-4563 E-mail:press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/


*MIRACLE LINUXの名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です