現在位置: ホーム / プレスリリース / 2010 / ミラクル・リナックスが、『Zabbixアップデートサポート』を提供開始

ミラクル・リナックスが、『Zabbixアップデートサポート』を提供開始

2010年4月23日

ミラクル・リナックス株式会社

ミラクル・リナックスが、『Zabbixアップデートサポート』を提供開始

~ サポートユーザー専用サイトへのアクセスにより、
製品アップデートや独自修正パッチ適用済みのバイナリファイルが利用可能 ~

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区東新橋、代表取締役社長:児玉 崇、以下ミラクル・リナックス)は、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」のアップデートを支援するサポートサービス『Zabbixアッ プデートサポート』を、本日2010年4月23日より提供開始いたします。

『Zabbixアップデートサポート』は、導入中のZabbix環境が安定稼働していて、ソフトウェアのアップデートや修正パッチのみの提供を希望するお 客様に適したサポートサービスです。『Zabbixアップデートサポート』に契約いただくと、サポートユーザー専用サイトへのアクセス権が付与され、アッ プデートや修正パッチ適用済みのZabbixサーバ、Zabbixエージェントのバイナリファイルなどをダウンロードして利用することが可能となります。 ダウンロードできるZabbixサーバには、日本語のWindowsイベントログやShift JISのテキストログの監視、ログおよびWindowsイベントログ中の日本語キーワードを利用した障害検知、ログローテーションによるログの取りこぼし の対策など、日本企業での利用に必要となるミラクル・リナックスが独自に開発した修正パッチが適用されています。

ミラクル・リナックスは、監視対象数が無制限でiDCでの利用に適した『Zabbixサーバサポート』と、数百台を超える大量のサーバを監視する場合に有 効な「Zabbixプロキシサーバ」を利用したシステム向け『Zabbixプロキシサーバサポート』の2種類のサポートサービスを提供しています。今回、 新たに『Zabbixアップデートサポート』がメニューに加わることで、お客様のニーズや予算に応じたサポートサービスが選択可能となりました。 なお、『Zabbixサーバサポート』にはアップデートサポートも含まれているため、『Zabbixアップデートサポート』のご契約は不要です。

ミラクル・リナックスでは、高い技術力に基づく豊富なZabbixサポートサービスの提供により、さらに安定したシステム運用を支援してまいります。


【Zabbixアップデートサポート概要】

[サポート対象]
ミラクル・リナックス提供のZabbixソフトウェア
(Zabbix 1.4、Zabbix 1.6、Zabbix 1.8)
[価格]
『Zabbixアップデートサポート』: Zabbixサーバ1台あたり年間10万円(税別)
※ 『Zabbixサーバサポート』を契約中のお客様は、サービス内容にアップデートサポートが含まれるため、『Zabbixアップデートサポート』のご契約 は不要です。『Zabbixプロキシサーバサポート』は、『Zabbixサーバサポート』の契約が前提となるサービスです。
[提供開始]
2010年4月23日

『Zabbixアップデートサポート』に関する詳細は、以下サイトをご覧ください。
http://www.miraclelinux.com/service/support/zabbix.html


■Zabbixについて

Zabbix とは、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するための統合監視ソフトウェアです。Zabbixを利用することにより、システム全体の監視、障害検知、通知や、グラフ、マップ作成によるリソース使用状況の可視化を行うことができます。
http://www.zabbix.com
http://www.zabbix.jp
http://www.miraclelinux.com/products/m_plus/zabbix/index.html

■Zabbixとミラクル・リナックス株式会社のビジネスについて

Zabbixはこの数年、国内でも急速に普及が進んでいます。ミラクル・リナックスでは2008年よりZabbixの導入コンサルティングとサポートの提 供を開始し、すでに株式会社ABC Cooking Studioをはじめ多くの企業にご利用いただいています。また、システム・インテグレータ各社向けに同ソフトウェアの導入支援サービスを提供する 「Zabbixパートナー・プログラム」を2009年6月1日より開始しました。「Oracle監視テンプレート」、「MySQL監視テンプレート」、 「Zabbix設定バックアップオプション」に続く「VMware監視テンプレート」の提供により、国内におけるZabbixのさらなる普及を促進すると ともに、オープンソースの活用によるコストメリットをユーザー企業に提供してまいります。

■ミラクル・リナックス株式会社について

ミラクル・リナックスは、Linuxサーバ関連製品とサービス専門事業会社として2000年6月1日より業務を開始し、Linuxサーバ OS「MIRACLE LINUX」および「Asianux Server 3 ==MIRACLE LINUX V5」の開発および販売、24時間365日連続稼動を実現するクラスタソリューション「MIRACLE CLUSTERPRO X」の提供、さらにLinux関連のコンサルティング、教育、保守等のサポートサービスの提供など、幅広く事業を展開しています。また、2003年12月 には、「4-co(4つの共同)」をコンセプトにもつ、アジアから発信する全く新しいソフトウェアビジネスプロジェクト「Asianux®(アジアナック ス)」を立ち上げ、「アジア市場に最適化し信頼性の高い共通のエンタープライズLinuxディストリビューション」の共同開発に取り組んでいます。また、 これまで培ったサーバLinuxのノウハウを利用し、様々な分野でのLinuxの活用やオープンソースにおいて幅広く高度な技術提供を目指してまいりま す。


本件に関する報道お問合せ:

ミラクル・リナックス株式会社
営業本部 戦略推進グループ 江辺(えべ)、増田
Tel: 03-5404-5036
E-mail: press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/
http://www.miraclelinux.com/asianux/

*Asianux®は、ミラクル・リナックス株式会社の日本における登録商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。