現在位置: ホーム / プレスリリース / 2010 / ミラクル・リナックスが、iDC向けに、Zabbixの監視対象無制限の 専用サポートメニューを提供開始

ミラクル・リナックスが、iDC向けに、Zabbixの監視対象無制限の 専用サポートメニューを提供開始

2010年2月18日

ミラクル・リナックス株式会社

ミラクル・リナックスが、iDC向けに、Zabbixの監視対象無制限の
専用サポートメニューを提供開始

~データセンターやホスティングなど監視対象が大量のシステムにおいて、
低コストの技術サポートが利用可能~

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区東新橋、代表取締役社長:児玉 崇、以下ミラクル・リナックス)は、iDC(インターネット・データセンター)を含む大規模システム向けにオープンソースの統合監視ソフトウェア 「Zabbix」のサポートサービス『Zabbixサーバサポート』および『Zabbixプロキシサーバサポート』を、2010年3月2日より提供開始い たします。

『Zabbixサーバサポート』は、監視対象数が無制限で、Zabbixサーバあたりの課金となります。iDCなど監視対象が大量である場合、監視対象数が無制限の本サポートをご利用いただくことで、適切な価格でZabbixを安心してご利用頂けます。

『Zabbixプロキシサーバサポート』は、数百台を超える大量のサーバを監視する場合に有効な「Zabbixプロキシサーバ」*を利用したシステム向けのサポートサービスです。「Zabbixプロキシサーバ」を利用することで、大量のサーバの監視データを一元管理することができます。

ミラクル・リナックスでは、iDC分野で利用が広がっているZabbixの専用のサポートメニューを用意する事で、初年度に35社への『Zabbixサー バサポート』提供を目指します。これまで培ったZabbix製品の開発や導入、サポートサービス等で蓄積してきた幅広いノウハウと技術を活かし、お客様の 安定したシステム運用を支援してまいります。

* Zabbix 1.6以上ではZabbixサーバの監視を仲介するための「Zabbixプロキシサーバ」を利用することができます。
http://www.miraclelinux.com/products/m_plus/zabbix/large_scale.html


【Zabbixサーバサポート/Zabbixプロキシサーバサポートの概要】

[サポート対象]
  • Zabbix統合監視サーバ「ZBX2000」「ZBX5000」
  • MIRACLE ZABBIX
  • Asianux同梱、ミラクル・リナックス提供の以下のバージョンのZabbixソフトウェア
    (Zabbix 1.4.6、Zabbix 1.6.4 ~ 1.6.8、Zabbix 1.8)
[メニュー/価格]
『Zabbixサーバサポート』 (監視対象数無制限)
Zabbixサーバ1台あたり: 80万円/年(税別)
『Zabbixプロキシサーバサポート』
Zabbixプロキシサーバ1台あたり: 50万円/年(税別)
※『Zabbixプロキシサーバサポート』の契約には、『Zabbixサーバサポート』が既に契約されている事が前提です。
[提供開始]
2010年3月2日

『Zabbixサーバサポート』『Zabbixプロキシサーバサポート』に関する詳細は、以下サイトをご覧ください。
http://www.miraclelinux.com/purchase/priceinfo/miracle_plus.html


■Zabbixについて

Zabbix とは、サーバ、ネットワーク、アプリケーションを集中監視するための統合監視ソフトウェアです。Zabbixを利用することにより、システム全体の監視、障害検知、通知や、グラフ、マップ作成によるリソース使用状況の可視化を行うことができます。
http://www.zabbix.com
http://www.zabbix.jp
http://www.miraclelinux.com/products/m_plus/zabbix/index.html

■Zabbixとミラクル・リナックス株式会社のビジネスについて

Zabbixはこの数年、国内でも急速に普及が進んでいます。ミラクル・リナックスでは2008年よりZabbixの導入コンサルティングとサポートの提 供を開始し、すでに株式会社ABC Cooking Studioをはじめ多くの企業にご利用いただいています。また、システム・インテグレータ各社向けに同ソフトウェアの導入支援サービスを提供する 「Zabbixパートナー・プログラム」を2009年6月1日より開始しました。「Oracle監視テンプレート」、「MySQL監視テンプレート」、 「Zabbix設定バックアップオプション」に続く「VMware監視テンプレート」の提供により、国内におけるZabbixのさらなる普及を促進すると ともに、オープンソースの活用によるコストメリットをユーザー企業に提供してまいります。

■ミラクル・リナックス株式会社について

ミラクル・リナックスは、Linuxサーバ関連製品とサービス専門事業会社として2000年6月1日より業務を開始し、Linuxサーバ OS「MIRACLE LINUX」および「Asianux Server 3 ==MIRACLE LINUX V5」の開発および販売、24時間365日連続稼動を実現するクラスタソリューション「MIRACLE CLUSTERPRO X」の提供、さらにLinux関連のコンサルティング、教育、保守等のサポートサービスの提供など、幅広く事業を展開しています。また、2003年12月 には、「4-co(4つの共同)」をコンセプトにもつ、アジアから発信する全く新しいソフトウェアビジネスプロジェクト「Asianux®(アジアナック ス)」を立ち上げ、「アジア市場に最適化し信頼性の高い共通のエンタープライズLinuxディストリビューション」の共同開発に取り組んでいます。また、 これまで培ったサーバLinuxのノウハウを利用し、様々な分野でのLinuxの活用やオープンソースにおいて幅広く高度な技術提供を目指してまいりま す。


本件に関する報道お問合せ:

ミラクル・リナックス株式会社
営業本部 戦略推進グループ 江辺(えべ)、増田
Tel: 03-5404-5036
E-mail: press@miraclelinux.com
http://www.miraclelinux.com/
http://www.miraclelinux.com/asianux/

*Asianux®は、ミラクル・リナックス株式会社の日本における登録商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。