現在位置: ホーム / 導入事例紹介 / サーバーLinuxソリューション / アクセラテクノロジ株式会社様

アクセラテクノロジ株式会社様

Accela Navi:クチコミの持つ力をビジネスに活用するブログ検索エンジン
MIRACLE CLUSTERPROで既存環境をそのままクラスタ環境へ移行

クラスタリングで高可用性を実現

アクセラテクノロジは2001年に富士通株式会社からスピンオフしたメンバーが設立した検索を専業とする技術開発企業です。検索というと一般的には Yahoo!やGoogleなどのインターネット検索を連想しますが、アクセラテクノロジが取り組むのは「企業向けの検索」です。主力製品はエンタープライズサーチ用検索ソフトウェア「Accela BizSearch(アクセラ ビズサーチ)」で、社内で使われるグループウェアやファイルサーバーを横断的に検索する仕組みを提供します。エンタープライズサーチはナレッジマネージメントや全社的な情報共有の武器として注目され、Accela BizSearchの国内導入実績は1220サーバーにも上ります(2008年3月現在)。

また、同社では、このAccela BizSearchを活用した検索サービスとして、2005年よりブログ検索エンジン「Accela Navi(アクセラナビ)」を提供しています。日々投稿されるブログ記事を収集し、現在5億を超える記事が検索対象になっています(2008年5月現在)。このように増大するブログ記事には、商品やサービスに対する良かった点や悪かった点などが日々刻々書き込まれており、そこから得られる情報は商品開発に反映したり、プロモーションの効果測定に使うなど、企業にとって大変有用なお客様の生の声として抽出可能です。現在、Accela Naviの検索機能をNTTアド様やニフティ様などが、それぞれのクライアント企業向けのブログ分析のビジネスのために活用を始めています。

このようなAccela Naviにおける事業モデルで重要な点は、一般のお客様に使ってもらうこと以上に、その検索機能(Webサービス)をブログの分析を行う企業に提供することにあります。このような企業向けサービスでは、システムの安定性が重要になります。アクセラテクノロジでは安定性を確実なものとするために MIRACLE CLUSTERPROを選びました。

ユーザーニーズ

日々止まることなくブログ記事を収集しながら
Accela Naviのサービスをノンストップ化

  • 待機系サーバー追加のための運用停止は最小限で
  • 新規追加の待機系サーバーは現用系とは別OSで
  • 日本国内で解決できるサポートの能力と対応の早さ
  • 日本語環境における可用性や信頼性の高さ

ユーザーセレクト

システム概要

  • OS: MIRACLE LINUX V4.0 -Asianux Inside
  • クラスタソフトウェア: MIRACLE CLUSTERPRO

導入の背景

毎日50~60万件ものブログ記事を収集
増え続けるデータと安定稼働の両立が課題


Accela Naviは2005年に運用を開始しました。当時の登録記事数は約1500万件でしたが半年で1億件まで激増、それ以降もブログ記事は日々増え続け、1日あたり約50~60万件、1年で約1.8億件のペースで記事が登録されています。2008年5月には5億件を超えました。データサイズは50TB以上にも上ります。これほどデータが増加すると、そろそろシステムの耐久力を強化する必要が生じてきました。この機会に改めてシステム設計を見直したところ、システムの可用性を強化するためクラスタリングを導入する運びになりました。クラスタリングによりサービスを止めないようにするためです。

導入の経緯

プライオリティの高いシステムを優先し
可用性を強化、そこにMIRACLE CLUSTERPRO


今回のMIRACLE CLUSTERPROの導入の目的はシステムの高可用性、サービスを不慮の事態でストップさせることのないようにさせるためです。これまで致命的なサービス停止はなかったものの、運用開始から2年半ほど過ぎた2007年夏ごろから安定稼働に懸念が生じるようになってきました。あるタイミングでシステムが不安定な兆候を見せるようになり、手動でシステム再起動やデータ復旧を行うことがあったからです。アクセラテクノロジはそろそろシステムの耐久力を強化する時期と考え、優先度の高い系統にMIRACLE CLUSTERPROを導入し安定化を図ることにしました。まずはインデックスを格納したファイルサーバーを二重化し、安定稼働が確認できればほかの系統にもクラスタ化を進めることにしました。

導入効果

組み合わせを選ばないクラスタリング
稼働環境や運用に影響を与えず可用性を向上


実際に本番で稼働しているサーバーOSは他社製Linuxでした。一方アクセラテクノロジでは今後OSはMIRACLE LINUXへ統一する意向もありました。OSの移行とクラスタ化を同時に実行するのではリスクが伴います。また一般的にはクラスタ化する場合、クラスタリングするサーバー群は同じ構成であることが望ましい、または必須とされています。通常ならクラスタリングのためにOSを統一するという困難な作業に立ち向かわなくてはならないところ、MIRACLE CLUSTERPROではその必要はありませんでした。本番稼働している他社製Linuxはそのままに、クラスタリングの待機系となるサーバーは MIRACLE LINUXで新規追加しました。よって本番環境そのままでクラスタ化が可能となり、クラスタ化により可用性を大幅に高めることができました。今後は本番系と待機系を切り替えればOSをMIRACLE LINUXへ安全に移行でき、OSをMIRACLE LINUXで統一する道筋も開けてきました。

USER's VOICE

システムを止めることなく安定稼働させ、OSはMIRACLE LINUXへ移行。
MIRACLE CLUSTERPROだからできました。

アクセラテクノロジ株式会社
取締役
技術開発部 部長
萩原 純一氏

アクセラテクノロジ株式会社
Accela Navi担当
エンジニア
星野 恭志氏

「運用開始から2年ほど過ぎ、システムに不安定な兆候が。
まずはクリティカルな系統をクラスタ化することにしました」

Accela BizSearchを応用したブログ検索エンジンのAccela Naviは、企業向けのサービスを意識し、検索機能が充実しています。一般向けにはキーワード検索を提供していますが、企業向けにはより細かな検索が可能です。例えば「直近1週間で検索」と期間で絞る、「このブログサービス内のみで検索」とドメインやブログサービスで絞る、「Aというキーワードは含めるが、Bというキーワードは含めない」と複雑な検索キーワードを設定することができます。

「Accela Naviは国内最大の記事収集数・サイト数を誇り、このブログ検索エンジンからトレンド分析やマーケティング資料に役立てている企業も増えています。実際にNTTアド様やニフティ様といった大手企業がそれぞれのクライアント企業向けのブログ分析ビジネスに、弊社のブログ検索サービスを活用しています」と萩原氏。

運用から2年ほど過ぎ、運用状況は次のステージへと移ることになりました。当初記事数にして約1億件だったのが、もう5億件に近づいてきたからです。データ量は50TB以上にもなり、そろそろシステム強化を考える必要がありました。

「実際2007年から不安定な兆候を検知し、手動で再起動やデータ復旧をすることが数回ありました」と星野氏。
そこで全体のシステム設計ごと改めて見直し、記事収集やサービスはできるだけ停止することなく可用性を高める方策を検討しました。

「私たちのお客様は企業です。ゆえにお客様のビジネスを止めないことが大事です。そのためには絶対の安定性を確保しなくてはなりません」

企業に検索サービスを提供するというアクセラナビのビジネスモデルからすると、各利用企業に満足のいく検索性能を提供することやサービスを停止させない安定性を確保する必要があります。

「24時間365日稼働しているシステムで止めることは許されない。そのため、下手にシステム構成を変更することは避けようと考えました。しかし致命的な障害が起きてからでは遅いので、負荷の高いクリティカルな系統を安全にクラスタリングすることから着手することにしました」と萩原氏。

本番稼働しているサーバーは他社製Linuxで運用していましたが、アクセラテクノロジでは今後サーバーはMIRACLE LINUXで統一したいという意向がありました。その理由は「ミラクル・リナックスならサポートが充実しているからです」と萩原氏は言います。

実際、萩原氏は「Accela NaviではMIRACLE LINUXのサーバーが徐々に増えており、現在では1/4ほどを占めています。最近導入したハードウェアは100%MIRACLE LINUXを使用しています」と述べ、同社のミラクル・リナックスへの信頼をうかがわせます。

また一般的にクラスタリングするサーバー群は同じOSにしなくてはならないことも多いのですが、MIRACLE CLUSTERPROなら違うOSでもクラスタリングが可能です。これがMIRACLE CLUSTERPROを選ぶ大きな決め手になりました。

星野氏は「クラスタ化を進める上でOSを混在させることが可能だったのは貴重でした。ただ本音を言えば待機系に切り替わるような事態にはなってほしくないのですが」と苦笑い。
幸いにして、導入から現時点まで待機系に切り替わるような事態はほぼ起きていないそうです。

SERVICE ON MIRACLE

アクセラテクノロジ株式会社「Accela Navi(アクセラナビ)」

「Accela Navi」は、国内最大の収集記事数・サイト数を誇るブログ検索エンジンです。検索ソフトウェアの開発ベンダーであるアクセラテクノロジ株式会社が、その実績とノウハウを活かして、ブログ検索エンジンを活用する利用者の求める、検索の広さ、検索速度、情報の新しさ、その全てを実現した、唯一の純国産技術のブログ検索エンジンです。

ブログ検索エンジン「Accela Navi(アクセラナビ)

特徴1:5億記事以上を検索可能

「Accela Navi」の検索対象となる記事数は5億記事以上にのぼります。アクセラテクノロジでは、利用者が欲しいと思う情報を最大限引き出せるよう、今後も検索対象となるブログサイト数・記事数を積極的に拡充し、カバー率を100%に近づけるよう努力しています。

特徴2:検索に自社製品「Accela BizSearch」を採用し、隅々までチューニング

「Accela Navi」は国内最大規模の検索対象を網羅するだけでなく、検索の高速性やきめ細かさ(ブログプロバイダ毎の絞り込みや日付による絞り込みなど)といった使い勝手の良さを実現しています。
また、ブログ検索エンジンの多くがRSSフィードだけを検索対象にしているのに対し、「Accela Navi」はブログ記事全文を検索対象にすることで、実質的な網羅性の向上を図っています。更新通知に利用されるRSS情報だけでなく、ブログ記事全体を対象に、欲しい情報を素早く検索します。

アクセラテクノロジ株式会社
東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー13F
http://www.accelatech.com/