現在位置: ホーム / 導入事例紹介 / システムバックアップ MIRACLE System Savior 導入事例 / 株式会社トランザス様導入事例

株式会社トランザス様導入事例

STBの配信用サーバに採用されたバックアップ/リカバリソリューション
MIRACLE System Savior(ミラクル・システムセイバー)

PDF版

高いサービスレベルを求めるお客様により安心感のあるシステムを提供

1995年1月に創業したトランザスは、IPセットトップボックス(STB)やデジタルサイネージの開発から製造、販売までを手がけるとともに、IP放送サーバおよびコンテンツ配信システムの構築、さらにはその周辺ソリューションを提供する企業です。2008年には世界初の立体裸眼3Dテレビ対応型STBを開発し、2010年にはマルチスクリーン連動サイネージで100台の連動表示に成功するなど、着実に中核となる事業を拡大。STB内蔵の超薄型デジタルサイネージ「アクティブポスター」の出荷台数は販売開始3カ月で1000台を突破したほか、ホテルのビデオオンデマンド向けSTBの出荷台数が累計10万台以上にのぼっています。

そのCMS/映像配信用サーバ(以下、配信用サーバ)のバックアップ/リカバリソリューションとして採用されたのが、ミラクル・リナックスのシステムバックアップソリューション「MIRACLE System Savior」です。同社の配信用サーバはすでに冗長化されているものの、万が一の障害時には迅速な対応が必要です。MIRACLE System Saviorが搭載されていることで、サーバの初期化が簡素化され、現場で担当者が直接トラブル対応することも可能になりました。高いサービスレベルを求めるお客様に対し、MIRACLE System Saviorはより安心してシステムを使っていただける「保険」の役割を果たしています。

トランザス様
http://www.tranzas.co.jp/

ユーザーニーズ

  • 万が一の障害時でもお客様のサービス停止時間を最小限にしたい
  • 現場の担当者も対応できる簡単な操作性

ユーザーセレクト

  • MIRACLE System Savior

導入の背景

サーバの不具合に対応する時間を
大幅に削減できるソリューション


STBと配信用IAサーバをパッケージ化して販売するトランザスでは、配信用サーバに不具合が発生した場合、対応に時間がかかるという課題を抱えていました。ハードウェアにはエラーがつきもの。その場でサーバの初期化を実行できるエンジニアがいない場合は代替品を用意して製品を返送してもらい、本社で不具合を調査するという手法を取ることもありました。何とか簡単にサーバを初期化する方法がないかと検討した結果、たどり着いたのがMIRACLE System Saviorです。同ソリューションを使えば、担当者がその場でシステムを納品時の状態に戻すことも可能です。

選定の理由

シンプルなインターフェースで
現場担当者でも復旧可能


MIRACLE System Saviorを選択したのは、価格はもちろんその使いやすさ。システムバックアップに特化して機能を絞った同ソリューションには、シンプルで迷わないインターフェースが採用されており、またオフラインで手順もシンプルなため現場の担当者でも簡単に操作できるようになっています。トランザスでは独自の復旧手順書を用意し、担当者が手順書を見て簡単にシステムを初期化できるよう準備しています。これにより、お客様がハードウェアを返送する手間もなくなり、サービスが止まる時間を最小限にとどめられます。

導入効果

より信頼性の高いシステムを
実現すると共に、コストも削減


サーバの冗長化に加え、最終手段として現場でのシステムバックアップ/リカバリが可能となったことで、信頼性はより高まりました。MIRACLE System Saviorを搭載したシステムは、高いサービスレベルを求めるお客様でも安心してお使いいただけます。トランザスの配信用サーバは、万が一のことが起こってもその場で簡単に復旧可能なシステムへと生まれ変わったのです。また、さまざまなOSに対応しているMIRACLE System Saviorでは、バックアップ先にWindows OSの共有フォルダが利用できるため、外部ストレージを用意する必要がなくなりました。これにより、コスト削減も同時に実現できました。

USER's VOICE

お客様のサービス停止時間を最小限にとどめたい

株式会社 トランザス
プロダクト営業部
中島 稔 氏

「配信用サーバを安心して使ってもらうため、お客様にはこれまでにもサーバの冗長化を提案していましたが、ハードウェアの障害時には代替品を用意してサーバを返送してもらうこともあり、その時間のロスが課題になっていました」と、プロダクト営業部の中島稔氏は語ります。「現場でも簡単にサーバが初期化できる手段として、MIRACLE System Saviorを採用することに決めました。同ソリューションが搭載されることで、お客様のサービス停止時間が最小限にとどめられます」(中島氏)

実際にMIRACLE System Saviorを利用するのは「万が一の障害」が起こった時であるため、「利用しないに越したことはない」と中島氏は述べていますが、「高いサービスレベルを求めていらっしゃるお客様でも、いつでも簡単にサーバを出荷時の状況に戻せるという保険がついていることで安心してお使いいただけます」といいます。

MIRACLE System Saviorは、シンプルなインターフェースを採用し、ケーブルの抜き差しや設定の変更をすることなくバックアップが可能です。エージェントレスのため、バージョンアップも不要でメンテナンスフリー。このように、誰もが簡単に使いこなせることも、この製品を選択する際のポイントになったといいます。

「現場で操作する人は、技術的な専門知識を持っているとは限りません。担当者レベルでも簡単な手順で操作できるMIRACLE System Saviorは、われわれが提供できるバックアップ/リカバリの手法としてはまさに最適な製品でした」と中島氏は話しています。

 

多様な環境に対応したソリューションで今後の用途の広がりに期待

株式会社 トランザス
プロダクト技術部
大須賀 純一 氏

導入自体はスムーズだったとプロダクト技術部 課長の大須賀純一氏は語ります。唯一導入時に戸惑ったことは、導入当初の最新サーバ(HPE ProLiant Gen8 v2サーバー *)に当時のMIRACLE System Saviorが未対応だったこと。しかし、「すぐにパッチを送ってもらうなど、迅速に対応してもらえましたし、それ以外では特に問題なく導入できました」と大須賀氏は述べています。

「バックアップ先としてWindows OSの共有フォルダが選べることも、このシステムのメリットです」と大須賀氏。配信用サーバでは、Linuxシステムのバックアップとして外部ストレージのNFSファイルサーバにデータを置くことが多かったのですが、「本プロジェクトの中で導入したCMSサーバ操作用Windowsシステムにてバックアップが可能なため、外部ストレージが必要なくコスト削減にもつながります」としています。

今回トランザスが配信用サーバに導入したLinux環境はもちろん、MIRACLE System SaviorはWindowsやVMware、Xen Server、KVMなど、マルチプラットフォームに対応しています。このことから大須賀氏は、「過去に構築した社内のWindows Serverでバックアップ対策を検討しているものがあるため、今後は社内システムでもMIRACLE System Saviorを展開したい」また、社内だけでなく「似たようなプロジェクトがあればお客様のシステムに対しても同ソリューションを使ったバックアップ/リカバリシステムを提案していきたいですね」と話します。

さまざまな環境に対応しているMIRACLE System Saviorを活用し、「今後さらに幅広い使い方を検討していきたい」と、大須賀氏は期待を寄せています。



* 2013年12月25日発売の最新版「MIRACLE System Savior Version 2 Release 4」より、「HPE ProLiant Gen8 v2サーバーシリーズ」に対応しています。