現在位置: ホーム / 導入事例紹介 / システムバックアップ MIRACLE System Savior 導入事例 / 株式会社デアゴスティーニ・ジャパン様導入事例

株式会社デアゴスティーニ・ジャパン様導入事例

複雑なハードウェア、ソフトウェア構成でも
MIRACLE System Saviorがまるごとバックアップ

PDF版

システムバックアップにMIRACLE System Savior

隔週刊「鬼平犯科帳 DVDコレクション」、週刊「ホンダ CB750FOUR」といったパートワークス形式(※1)の定期刊行物を出版しているデアゴスティーニ・ジャパンではお客様からの受注を「定期購読管理システム」で管理しています。2010年末に当システムの構成変更したさい、MIRACLE System Savior(ミラクル システムセイバー、以下MSS)でシステムのバックアップをとりました。

システムのバックアップは障害対応だけではなくハードウェアの交換やOSのアップデートなどの通常保守でも必要になります。昨今ではハードウェア構成が 複雑になり、システムをまるごとバックアップするのはそう容易ではありません。しかしMSSならFCマルチパスやSANBoot構成、クラスタ環境など、 高度で複雑な環境でも短時間でバックアップ・リストアが可能です。

(※1:パートワークスとは、ある分野の本格的な知識やハウ・ツーを気軽にリーズナブルに学ぶために週刊や隔週刊形式で少しずつ紹介していくタイプの学習方法で、「分冊百科」とも言われます。)

デアゴスティーニ・ジャパン様
http://deagostini.jp/

ユーザーニーズ

  • FCマルチパス、Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)環境でバックアップ
  • 日本語で分かりやすいインターフェース
  • 実績のある製品を使いたい
  • ライセンス費を安く抑えたい

ユーザーセレクト

  • MIRACLE System Savior

導入の背景

サーバ移設および構成変更
この機会にシステムバックアップを


デアゴスティーニでは2010年末、長年運用していた定期購読管理システムに対してサーバ機器の移設およびソフトウェアの構成変更などを実施しました。 万が一に備え、ハードウェア、OS、システムをインストールした初期化状態をバックアップしたいと思いつつも、FCマルチパスでOracle RACとなっているためシステムをバックアップする妥当な選択肢がありませんでした。

導入の経緯

複雑な環境でも確実にバックアップ
バックアップに15分、リストアに20分


MSSなら複雑なハードウェア、ソフトウェア構成でも確実にバックアップすることが可能なので、システムバックアップにMSSを採用しました。ハード ウェアのセットアップやインストールはトータルで3日間を要する作業でしたが、MSSならこの初期化状態のバックアップを15分で終了させることができま した。念のためリストアも試したところ、20分で完了しました。

導入効果

キャリアグレードの信頼性と可用性
OSサポートを活用し機能追加も実現


当システムではこれまで致命的な障害は発生したことはなく、近い将来システムを改変する計画もあるため、バックアップしたデータを今後リストアすること はないかもしれません。しかし万が一、致命的な障害が発生したとしても、システムを短時間でリストアすることが可能なのでシステムを停止する時間は最小限 に抑えることができます。

USER's VOICE

運用データだけではなくシステム初期状態もバックアップ
「リストア作業も示してくれたのが頼もしかったです」

株式会社 デアゴスティーニ・ジャパン
ITシステムズマネージャー
グループ長
鈴木 智洋 氏

「お客様の大切なデータを預かっているのですから、システムのバックアップには万全を期さなくてはなりません」

デアゴスティーニでITシステムズマネージャーを務める鈴木氏は現在のシステムを担当するとき、当時の上司にこう諭されたそうです。それゆえにバッ ク アップは徹底しています。システムのデータベースにはOracle RAC構成にして高い可用性を保ち、日々の運用データも綿密にバックアップしています。

こうした運用態勢は今や珍しくはありません。しかしデアゴスティーニではさらにシステムのバックアップも行うなど、バックアップは徹底しています。 シス テムのバックアップとは、OSやアプリケーションがインストールされた運用前の初期状態をバックアップしておくことです。同社では2010年末にシステム 構成を変更するさい、MIRACLE System Savior(MSS)でシステムバックアップを行いました。

MSS がバックアップするのはシステム運用前の初期状態ですが、運用途中で必要になることもあります。例えばハードウェアの交換やOSのアップデートを 行うときなどです。たとえシステム障害が発生しなくても、こうした保守作業は発生します。実際同社でも過去に何度かこうした通常保守を経験してきました。

システムバックアップは簡単なようでいて、実はそう簡単ではありません。なぜなら近年は仮想化や高度なハードウェア構成が普及しているため、ハードウェア設定も含めたシステムバックアップとなると安価で実現可能な製品が限られているのが実情です。

「システムバックアップの必要性は感じつつも、当初はあきらめていました」と鈴木氏。同社ではFC(Fibre Channel)マルチパスを利用したRAC構成なので、コスト面も含めて納得のいくバックアップ製品が見当たらなかったそうです。そこでミラクル・リ ナックスがMSSを紹介し、システムのバックアップが可能となりました。

一般的にはシステムバックアップを行わなくても「必要になれば再インストールすればいい」と考えがちです。しかし初期状態にセットアップするまで、通常の手順を踏めばそれなりの時間と手間がかかります。
「今回の新しいシステム構成にセットアップするさい、作業は3日間を割り当てました。もし再度同じ作業をするなら当初の作業よりは効率よく進むと思いますが、1日前後は必要になるでしょう」(鈴木氏)

ところがMSSならバックアップに15分、リストアに20分ですみます。万が一障害が発生し、急きょシステムを初期状態にセットアップすることになってもこれだけの短時間ですませることができます。

現実的には障害でリストアをする事態はまれと言っていいでしょう。しかしミラクル・リナックスではお客様にリストアの手順も丁寧にサポートします。万が一障害が発生しても、システムを運用するお客様がすぐにリストアできるようにするためです。

「ミラクル・リナックスはシステムのバックアップだけではなく、『復旧もやってみましょう』とリストア手順も丁寧に教えてくれました。本当に万が一のこ とを考えているのが分かり、信頼できると感じました。こうしたサポートや日本語インターフェースや充実している国産ソフトであることもMSSの良いところ だと思います。今後導入するシステムで仮想サーバなどを導入する予定ですが、それらにもMSSを使ってバックアップすることを検討しています」(鈴木氏)

MIRACLE System Savior(MSS)について

MSSはOSやOSにインストールされたアプリケーションなどを含む、HDDの内容を完全にコピーするイメージバックアップです。

障害発生から復旧までの時間を短縮します

万が一、障害が発生すると何をしなくてはならないか考えてみましょう。

HDD障害やデータ障害で壊れてしまったクラスタ環境を元の状態に戻すことは困難です。また一般的にシステムが完全に復旧不可能になってしまった場合、シ ステムを再構築することが多く、OS再インストール、パッチ適用、アプリケーション再インストール、各種設定、データ復旧と非常に多くの工程と時間を必要 とし、システムの構成や設定内容を熟知していることが必要になります。特に自社で構築していないシステムに関しては障害が起きた場合は再度構築を依頼する 必要があり、必要以上に費用と時間が必要となります。

しかしMSSでバックアップをしておけば誰にでも簡単に、短時間でシステムを復旧させることができます。

高度なクラスタ環境でもバックアップ

現在、Oracle RACを含むクラスタウェアや、共有ディスクへのパスが冗長化されている環境に対応している製品はなかなかありません。そのため、クラスタ構成でないサー バはシステムのバックアップを行うが、クラスタ構成にする必要のある本当に重要なサーバではシステムのバックアップを行っていない場合が多くあります。
一方、ファイルサーバの共有フォルダやDBファイルの様なユーザデータではなく、OSやアプリケーション部分は一度運用が始まれば変更されることはあまり多くありません。

そこでファイルサーバの共有フォルダやDBファイルなど随時変更されていくデータは日々差分や増分でバックアップを行い、OSやアプリケーション部分は MSSでイメージバックアップを取得しておけば、HDDが全損した場合でもイメージバックアップからの復元、データのリストアだけですぐに運用を再開する ことができます。
こういった障害への対策だけでなく、OSのアップデート前や、大きなメンテナンスの前などにMSSを利用してイメージバックアップしておくと、切り戻し作業も迅速かつ確実に行うことができます。

MSSがサポートするクラスタ環境

デアゴスティーニ様も同様の悩みを抱えて弊社にご相談頂き、MSSをご紹介いたしました。
MSSでは以下のクラスタ環境に対応しています。

  • Oracle Real Application Clusters (RAC)
  • NEC CLUSTERPRO
  • SteelEye LifeKeeper
  • Red Hat Cluster Suite (RHCS)
  • Microsoft Cluster Service (MSCS)

MSSを利用することで、Oracle RAC環境でもシステムのバックアップを取得でき、障害時に素早く復旧できる態勢を整えることができます。