現在位置: ホーム / 導入事例紹介 / 統合システム監視 MIRACLE ZBX 導入事例 / CTCシステムマネジメント株式会社様パートナー事例

CTCシステムマネジメント株式会社様パートナー事例

オープンソース(OSS)と高い技術力、安心のパートナー支援体制を活用し、MIRACLE ZBX運用管理環境の構築から一次サポートまでワンストップで実現

PDF版

MIRACLE ZBXの高品質なサポートを活用したIT統合運用管理ソリューションを提供

CTCシステムマネジメント様( http://www.ctcs.co.jp/

CTCシステムマネジメント株式会社(略称:CTCS)は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社グル-プの中でシステム運用管理を中核とした、効率的で付加価値の高いITアウトソーシングサービスを提供する企業です。

CTCSは、当初、商用運用管理ソフトウェアを利用したIT統合運用管理ソリューションを提供していましたが、オープンソース運用管理ソフトウェアを利用した市場ニーズの高まりに対応するため、2011年にミラクル・リナックスとパートナー契約を締結。オンプレミスからクラウドまで、お客様のビジネス基盤を支え、カスタマイズ性や管理の操作性が高く、他のツールとの連携が柔軟なMIRACLE ZBXを採用しました。これにより、ITシステム運用会社ならではのきめ細かいサービスと、30年以上の実績により確立したノウハウを活用することで、商用運用管理ソフトウェアに加え、お客様の需要を満たすOSSを利用したIT統合運用管理ソリューションの提案が可能となりました。

ユーザーニーズ

  • OSSの「Zabbix」を活用したIT統合運用管理ソリューションの提供
  • パートナーが独自サポートビジネスを提供できる充実したパートナー支援プログラム

ユーザーセレクト

  • MIRACLE ZBX サポート

 

導入の背景

商用の運用管理ソフトウェアからZabbixをベースとしたリーズナブルなIT統合運用管理ソリューションへ


CTCSでは、構築からサポートまでのサービスの展開を行ってきました。当初は商用の運用管理ソフトウェアを中心に提供していました。しかし、通信業を中心にした市場で商用ソフトウェアからオープンソースへの流れがより強まると分析し、各種のオープンソース運用管理ソフトウェアを検討した結果、最終的にオープンソースZabbixをベースとしたIT統合運用管理ソリューションを提供する体制を構築すべきだということになりました。

導入の経緯

技術的な安心感があり、パートナーサポート体制が充実したミラクル・リナックスと提携


CTCSが、ZabbixをベースとしたIT統合運用管理ソリューションを提供するにあたり提携したのは、Zabbixをベースに開発とサポートを行うミラクル・リナックスでした。ミラクル・リナックスがZabbixへの取り組みが早く、技術力の高い企業であると認識していたからです。さらにパートナープログラムが充実し、同社が設計構築から一次サポートまでワンストップでお客様に提供する体制を構築できることで、ビジネスをさらに拡大できると考えたことが提携の大きな理由となりました。

導入の効果

スピードと正確性、高い技術力でお客様から高い満足度を獲得し、クラウド導入運用サービスにも展開


CTCSは、ミラクル・リナックスとの提携により、お客様に高い技術力で素早いスピードと正確性を持ったサービス提供を実現しました。また2016年にスタートした同社の「クラウド導入運用サービスFor Microsoft Azure」においても、管理サービスの基盤としてZabbixを採用することで、十分に競争力のあるサービスを提供することができました。今後自社のクラウドサービスで、利用実績や運用経験をアピールすることで、お客様が安心して導入を検討できる体制を進めています。

USER's VOICE

ソリューションサービス本部
運用・自動化サービス推進部 部長代行
(兼)運用プロダクト推進課 課長
伊藤 千博氏

ミラクル・リナックスとの提携により、自社運用サービスの差別化が可能に

CTCSで本プロジェクト開始当初からリードしている運用・自動化サービス推進部部長代行(兼)運用プロダクト推進課 課長 伊藤 千博氏は、ミラクル・リナックスとの提携の経緯を次のように語ります。

「Zabbixの採用を検討開始した当時、Zabbixを取り扱っている企業は、国内にミラクル・リナックスを含めて2社しかありませんでした。当初からミラクル・リナックスは、Zabbixへの取り組みが早く技術力の高い企業として認識していました。さらに当社にとって、パートナープログラムが充実していたことが大きかったですね。私たちは運用サービス事業を行っているため、構築だけで終了するのではなく、その後の運用までお任せいただけるビジネスを目指しています。そのためミラクル・リナックスと提携することで、Zabbixの構築から一次サポートまでワンストップで提供できるようになり、運用サービス事業をさらに広げることができると考えたのです」

決め手はパートナー支援体制と、スピード感のある尖った技術力

同社は、他社製品やサービスと比較したミラクル・リナックスのMIRACLE ZBXの優位点として、製品力、案件支援体制、サポート力を挙げます。

ソリューションサービス本部
運用・自動化サービス推進部
運用プロダクト推進課 チームリーダー
三宅 徹芳 氏

「例えば、Windows環境を監視するエージェントをチューニングして、ウィザード形式でインストールできるようにするなど、現場のエンジニアの使い勝手を汲んだ製品となっている点がうれしいですね」と、独自の機能強化に対して高く評価するのは、運用プロダクト推進課チームリーダー三宅 徹芳氏です。

さらに、三宅氏は続けます。
 「ミラクル・リナックスの素早い対応力にも高い評価をしています。あるお客様からいただいたレポート系の機能が弱いことに対する改善要望を出したところ、2週間程度で改善案を実装してもらえました。このスピード感にお客様が驚かれて、当時は採用検討段階でしたが順調に話が進み採用が決まったこともありました」

さらに高いサポート力にも評価をしています。サポート窓口で普段からミラクル・リナックスのエンジニアと接する機会の多い運用プロダクト推進課 木村 洋介氏は次のように述べます。「ミラクル・リナックスのエンジニアには、ソースコードを見て動きを説明してもらえるため、問い合わせのあったお客様に、しっかりとサポートを提供できています」

自社で実証した運用実績とノウハウを、お客様へ自信を持って提供

ソリューションサービス本部
運用・自動化サービス推進部
運用プロダクト推進課
木村 洋介 氏

最後に、今後の事業展開について聞きました。
「運用監視、インシデント管理、構成管理、ログ管理などをZabbixをハブとして提供して、すべてAPI連携できることを目標にしています。これらを武器にお客様の運用をアウトソーシングするという方向で提案したいと思います」(三宅氏)

「CTCSでは、Microsoft Azure上にファイルサーバやActive Directoryサービスを使ったクラウド導入運用サービスをリリースしました。サーバの監視をZabbixで実施しトラブルなく稼働しています。また、私たちには今まで5年間のZabbix導入・保守のノウハウがあるので、提案にあたり心配することはありません。今後、この自社サービスでの実績と経験をお伝えすることで、お客様に安心して導入していただきたいと考えています」(伊藤氏)