統合システム監視 MIRACLE ZBX

MIRACLE ZBX

MIRACLE ZBXアプライアンス製品キャンペーン

「MIRACLE ZBX」とは?

安定バージョンの供給と10年に及ぶ長期サポートを提供
オープンソース「Zabbix」をベースにミラクル・リナックスが機能拡張を加えた統合システム監視ソリューション

MIRACLE ZBXは、オープンソース(OSS)システム監視ソフトウェア「Zabbix」をベースに、ミラクル・リナックスが不具合修正や機能拡張を加えた統合システム監視ソフトウェアです。また、このソフトウェアを組込み、最適なチューニングや設定を施したアプライアンス製品やテンプレート/オプション製品を含めた総称・ブランド名でもあります。

MIRACLE ZBXシリーズの構成図

 

日本国内のお客様向けに開発・提供される低価格で安心のシステム監視ソリューション

国内でのスピーディな不具合修正と日本市場のニーズに沿った機能拡張

不具合修正や機能改善要望に伴う修正を国内で迅速に行うことができます。これは、国産Linuxの唯一のディストリビュータとして10年以上の実績がある
からこそ可能です。

不具合修正は過去のバージョンにも反映

MIRACLE ZBXでは、最新のバージョンで発生した不具合の修正でも、過去のバージョンで発生していれば、該当のバージョンまで遡って反映します。

安定したバージョンの製品を供給

最新のZabbixに対して、MIRACLE ZBX独自のパッチ(不具合修正/機能拡張)を適用後、リグレッションテストやストレステストを実施し、安定性を確認した後で提供しています。

最長10年の長期サポートを提供

技術サポート7年+延長サポート3年の最長10年のサポートを提供しています。

システム監視ソフトウェアからデータベース、OSに至るまで安心のワンストップ・サポート

アプライアンスに含まれるシステム監視ソフトウェア、データベース、クラスタソフト、OSまで含めてワンストップ・サポートを提供します。問題が発生したときに、お客様は切り分けを行う必要はありません。

 

どのような情報をお探しですか?

製品やサービスに関する詳細

 

製品選定、構築からカットオーバー後など、それぞれのフェーズでのご要望から

 

システム監視分野でオープンソース(OSS)が注目されています!

オープンソースのシステム監視ソリューションが注目されている理由は、「監視対象数に依存しない課金体系」と「自由なカスタマイズ性」

「IT予算の約7割が運用・保守に費やされている」あるいは、「IT資産の8割以上がアイドル状態である」といったことが問題視されていますが、仮想化によるサーバ統合でこの問題が解決できるのではないかと期待されています。
その一方でシステム監視に着目すると、監視対象ごとに課金される多くの商用ソフトウェアのライセンス体系では、リソースの増減が頻繁に発生する仮想化統合の環境ではコストの増加がネックになり、その結果「Zabbix」などオープンソース(OSS)のシステム監視ソフトウェアが注目されるようになりました。
また、オープンソース(OSS)が採用されているもう一つの理由がソースコードが公開されていること。
つまり自社のシステム監視ニーズに合わせて自由にカスタマイズでき、さらにバージョンアップのタイミングも自社で決められるところが、多くのユーザにとっての魅力となっています。

 

製品・サービスについてのお問い合わせ

製品やサービスについてのご相談やご質問は、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。

統合システム監視 MIRACLE ZBXお客様からよくあるご質問をまとめています。
わからないことがございましたらまずは、こちらをご覧ください。

統合システム監視 MIRACLE ZBX

統合システム監視 MIRACLE ZBX